リシェル

新しく出来た脱毛サロンのリシェル(Richel)。

これまでの脱毛サロンは、脱毛期間が長い、
脱毛効果が弱い、予約が取りにくいなどが欠点でした。

しかし、リシェルはそれらの弱点を克服した
「脱毛効果が高い」「予約が取りやすい」「脱毛期間が短い」
が注目されています。

そこで、リシェルは実際のところはどうなのか?
効果や脱毛料金、口コミなどを徹底紹介していきます。

リシェルや脱毛サロンに興味がある人は是非参考にして下さい。

リシェルの詳しい詳細

リシェルの脱毛料金

部位 月額制 回数パック
全身脱毛(顔+VIOも含む) 7,700円

114,000円(6回)
Sパーツ なし 36,000円(12回)
Lパーツ なし 72,000円(12回)

リシェルの脱毛範囲

リシェルの全身脱毛範囲

Sパーツ

V上、V下、Iライン、Oライン、両乳輪、両脇、へそ周り、両ヒザ、両足の甲と指、
両手の甲と指、腰、襟足、ヒップ

Lパーツ

胸、両肘下・肘上、お腹、両ひざ下・ひざ上、
背中上下、お尻周り

このSパーツとLパーツ+顔全体を合わせた70箇所が全身脱毛の範囲です。
簡単に言うと全身くまなく脱毛出来ると言うという事です。
(両は2つの計算)

もちろん、SパーツかLパーツだけを選んで脱毛するのも良いでしょう。
ただ、どうせ脱毛するなら全身脱毛した方が全身すっきり綺麗になります。
料金的な問題があるなら、月額払いにすればそこまで負担はかかりません。

他の脱毛サロンとの料金比較

サロン名 回数 全身脱毛料金(税抜き)
リシェル 6回 114,000円
ツルリラ 6回 86,400円(55箇所)
キレイモ 6回 114,000円
銀座カラー 6回 99,000円
ストラッシュ 6回 95,760円
ミュゼ 6回 160,800円

他のサロンと比べるとリシェルの料金は決して安くはありません。
何故なら、全身隙間なく脱毛できるため範囲が広いのと
後々紹介しますが、導入しているフラッシュ脱毛器の性能が良いため脱毛回数が少ないからです。

脱毛サロンは6回では脱毛は絶対に終わらないので、
回数が増えれば料金は高くなりますが、
リシェルは少ない回数で脱毛を終わらせられる事を考えれば
総額は安くなります。

また、リシェルは月額料金にすると
脱毛範囲が広くて7,700円ですから、
決して高くはありません。

リシェルの脱毛回数

部位 効果を感じる回数 ムダ毛が気にならない回数 脱毛完了の回数
2~4回 8~12回 15~18回
VIO 4~6回 15~18回 20回以上
腕・脚 2~4回 8~12回 15~18回
4~6回 15~18回 20回以上
背中 4~6回 15~18回 20回以上

脱毛回数は毛質や肌質が影響するのため個人差がありますが、
目安はあります。

女性の場合、VIOと顔や背中のような産毛中心の部位は脱毛回数が多くなります。
目安とすれば15~18回は必要で、完全に脱毛完了するためには
20回以上必要な人はざらにいます

またそれ以外の腕や脚、脇などは12回も脱毛すれば
かなり綺麗になり、15回くらい脱毛すれば完了する人も沢山います。

脱毛サロンはどうしても出力が低いため脱毛回数は必要です。
ただ、リシェルはその中でも少ない回数で脱毛を終わらせる事が可能ならサロンです。

因みに脱毛サロンの回数を少なく紹介しているサイトも沢山ありますが、
誇大表現と理解して下さい。
どんなに少なくても脱毛完了するには15~18回は必要です。

リシェルの詳しい詳細

リシェルの口コミ

女性口コミ

極度の敏感肌でカミソリを使うだけでもアウトな私ですが、
リシェルの脱毛は問題ありませんでした。
毛も少しずつ薄くなってきているので効果を感じてます。
20代後半 ナナ様

女性口コミ

脱毛してから毛が抜けるようになりました。
まだ脱毛して間もないのでこれからどれだけ綺麗に脱毛出来るのか楽しみです。
20代後半 ママコ様

リシェルのサービスの特徴やメリット

リシェルのメリット
リシェルは他の脱毛サロンと比べどのようなサービスや
メリットがあるのか紹介していきます。

IPL脱毛とSHR脱毛の2種類の脱毛が可能

リシェルは、IPL脱毛とSHR脱毛の2種類の脱毛が可能なことで、
少ない回数で脱毛終わらせる事が可能です。

IPL脱毛は黒いメラニン色素の反応が良く、
脱毛効果が高いのが特徴です。
ただ、産毛への効果が弱いのが欠点です。

対してSHR脱毛は剛毛には若干効果が弱いのですが、
その分産毛への効果が高くて痛みがまったくないのがメリットです。

(脱毛サロンなのでIPLも大した痛みはない)

この2つの脱毛を組みわせる事で少ない回数で脱毛を終わらせる事が可能になりました。

例えば、毛が濃い始めの段階ではIPL脱毛をして、
毛が薄くなってきたらSHR脱毛に繰り替えるといった感じです。

脱毛期間が短い

通常の脱毛サロンは1~2ヵ月に1度の頻度で脱毛していき、
しかも脱毛回数が多く脱毛期間の長いのが弱点でした。

一方、リシェルはSHR脱毛を採用してることで、
そこまで毛周期を気にせず脱毛出来るため、
2週間~1ヵ月に1回の頻度で脱毛出来ます。

そのため脱毛サロンで全身脱毛すると、
3年~5年はかかりますが、
リシェルなら1年で終わらせる事も可能です。

予約が取りやすい

脱毛サロンで脱毛期間が長くなる大きな要因は
予約が取れない事です。
特に有名どころのサロンは、日中の昼間しか取れないという事はザラにあります。
そのため、例え短い頻度で脱毛出来ても予約が先延ばしになり脱毛期間が長くなるのです。

対してリシェルは予約が取りやすく、しかも脱毛頻度も短いので、
短い期間で脱毛を終わらせる事が出来ます。

予約が取れなく途中で諦めてしまう人も多いのが現実ですので、
そうした意味ではリシェルは確実に短い期間で脱毛を完了出来ます。

美容成分がたっぷり配合されているジェルを使える

リシェルは脱毛する前にエレクトロポレーションというジェルを塗るので、
お肌への負担が少ない、脱毛後もお肌がツルツルします。

脱毛後お肌がただれたり、ヒリヒリしたりすることはありませんから、
敏感肌の人でも問題なく脱毛出来ます。

リシェルの詳しい詳細

リシェルのデメリット

リシェルのデメリット
脱毛サロンを検討しているのであればリシェルはおすすめですが、
それでもデメリットがあります。

永久脱毛出来ない

これはリシェルに限った事ではなく、全ての脱毛サロンでは永久脱毛する事は出来ません。
永久脱毛出来るのは、医療機関だけです。

そのため、脱毛完了してもいずれ毛が生えてくるようになります。
どのくらい毛が生えてどのくらいの期間で生えるのかは個人差があります。

産毛くらいしかい生えない人もいますし、
普通に毛が生えてくる人もいます。

また、脱毛完了後1年以内で生える人もいれば
3年以上経って生える人もいます。

人間の体なのでこればかりは正確には言えません。

ただ、しっかりと回数を脱毛すれば、
脱毛する前ような状態にはならないはずです。

東京と横浜にしか店舗がない

脱毛サロンはメリットの一つに全国に店舗があるため、
地方に住んでいる人も通える点です。

しかし、リシェルは東京3店舗と横浜1店舗のみです。

これ以外の地域に住んでいる人は通えないと思います。

新宿店

住所 東京都新宿区西新宿1-4-5
西新宿オークビル3F
営業時間・定休日 平日12~21時 土日祝11~20時
アクセス 新宿西口 徒歩2分

渋谷店

住所 東京都渋谷区神南1-20-16 高山ランドビル6F B号室
営業時間・定休日 平日12~21時 土日祝11~20時
アクセス 渋谷ハチ公口 徒歩3分

銀座店

住所 東京都中央区銀座1-4-4 ギンザ105ビル6
営業時間・定休日 平日12~21時 土日祝11~20時
アクセス 東京メトロ「銀座駅」徒歩5分
備考 2020年1月24日オープン

横浜店

住所 神奈川県横浜市西区南幸2-13-7 横浜エム・エスⅡ5F
営業時間・定休日 平日12~21時 土日祝11~20時
アクセス JR「横浜」駅西口より徒歩5分
備考 2020年1月6日オープン

リシェルまとめ

リシェルは出来て間もない脱毛サロンなので、
予約が取りやすく脱毛期間が短いのが特徴です。

料金もそこまで高くなく、導入している脱毛器も効果が高くて
サロンであっても十分に綺麗に出来ます。

早く脱毛を終わらせたくてサロンで脱毛したい人にはおすすめです。
リシェルおすすめ

口コミ調査方法

・調査方法:クラウドソーシング・サイト・メルマガ
・調査対象:10代~40代の女性
・調査年齢:10代(0人)20代(2人)30代(0人)40代(0人)
・調査性別:女性(2人)
・有効回答数:2人