おでこ脱毛
実は需要があるおでこ脱毛。

産毛の量が多くておでこが狭いため
綺麗に見えないと悩んでいる人も多いようです。

女優さんのように無駄な産毛を脱毛しておでこを広く、
綺麗に見せたいと思うのは当然の事。

また、おでこを脱毛することは見かけだけではなく、
お肌のためにもおすすめのです。

そこで、このページでは、
おでこを脱毛して額を広くして綺麗に見せる形や
おでこの脱毛方法、おでこ脱毛のメリットやデメリットなどを紹介いたします。

おでこ脱毛を検討されている人は是非参考にして下さい。

おでこ脱毛で失敗しないための形選び

おでこの比率
おでこは顔の脱毛になるため予めポイントを抑えて脱毛しないと失敗する可能性があります。

おでこ脱毛で失敗しないためのコツは、
予めどのくらい脱毛するのか、どういった形にするのか決めておくことです。

人それぞれ顔の形やバランスが違うので、
一概におでこを広くしようとして脱毛し過ぎても後々後悔します。

基本的におでこの広さは顔の長さの1/3が理想です。
つまり、どんなに広く脱毛してもそれ以上脱毛すると不自然になります。

まずは顔の長さの1/3まで脱毛できると理解してから
次に形を決めます。

おでこの形は3パターン

理想とするおでこの形はあっても
元々の顔の形や生え際が影響するため自分にあった
自然な形を選ぶ事が大切です。

どうして良いのかわからない人は、
クリニックやサロンのスタッフさんと相談して決めましょう。

無理やり形を作ると不自然になり、
後で後悔しています。

丸形

丸形
それぞれ毛の生え際は異なるため一概には言えませんが、
この丸形は顔が綺麗に見れてモデルさんが良く行う形です。

ただ、元々丸形にできる顔の形や生え際なら良くても
そうでない人が丸形にすると不自然に見えて逆に失敗したと感じてしまいます。

それでも丸形に脱毛したい人は、
脱毛範囲を狭めて少し産毛を残すのがコツです。
そうすれば不自然にならず額が綺麗に見えます。

富士額型

富士額型
古風なイメージの女性が良く行う形で、
より自然でナチュラルに見える形です。

富士額型は無理やり形を作るのが難しいので、
元々そうした形の生え際や顔の形の人がやる形です。

M字型

M字型
M字型も富士額型同様に元々の生え際を活かした形で、
無理やりこの形を作ると不自然になります。

おでこ脱毛のメリットとデメリット

おでこ脱毛は沢山のメリットはあっても
当然デメリットもあります。

おでこ脱毛のメリット

メリット

顔がすっきりして綺麗に見える


多くの人がおでこ脱毛をする目的は、
余分な産毛をなくす事でおでこを広くして綺麗に見せるようにしたいためです。

実際におでこを広くして綺麗にすれば印象が変わりすっきりと見えるようになります。

上記の画像のダレノガレ明美さんもおでこを脱毛したことで、
印象が変わりより綺麗に見られるようになりましたね。

化粧のノリが良くなる

おでこの産毛を脱毛することで、化粧が浸透しやすく化粧崩れもなくなります。
また、産毛があることでお肌がくすんで暗く見えますが、
脱毛することでワントーン明るくなります。

毛穴が引き締まり肌トラブルを防ぎ綺麗に見える

脱毛することで毛穴が引き締まり、余分な皮脂や汚れ、雑菌が詰まらなくなり、
ニキビなどの肌トラブルを防いでくれます。

また、毛穴が引き締まればお肌がツルツルなり綺麗に見えるようにもなります。

自己処理の必要がなくなる

最後までしっかりと脱毛すれば自己処理の必要がなくなり、
お肌にダメージを与える事もないので、
肌トラブルの防止にもなりますし、時間の短縮にもなります。

そもそも本来顔のムダ毛処理は
極力行わないのに越したことはありません。

おでこ脱毛のデメリット

デメリット

脱毛直後は濃いメイクは出来ない

脱毛後2~3日以内は濃いメイクをする事は出来ません。

脱毛した後はお肌が少し火傷している状態でダメージが残っています。
2~3日くらいでお肌に残った熱を放出しながら皮膚を修復させていきます。
(期間は個人差による)
その状態の時に濃いメイクをしてお肌に負担をかければ、
お肌へのダメージがなくならず後々肌トラブルの原因にもなります。

費用がかかる

脱毛なので当然料金はかかります。
おでこや顔はお試しで数回脱毛出来る事はあっても、
しっかりと脱毛するためにはキャンペーンなど適用がないため
それなり料金がかかります。

おでこが赤くなったりヒリヒリしたりする

脱毛直後は濃いメークが出来ないと重複しますが、
脱毛後はお肌にダメージが残り、赤くなったり、ヒリヒリしたりすることがあります。
もちろん、それをメイクで隠すことは出来ません。

個人差はありますが薬を塗れば1~3日で治ります。

おでこ脱毛の回数と期間と料金

脱毛完了までの回数 脱毛期間 料金
クリニック 5~8回 1年~1年半 2~3万円(5回)
サロン 18回以上 3年 2~4万円

クリニックとサロンどちらが良いのかは後ほど紹介します。

当然ではありますが、
クリニックの方が出力の高い医療レーザー脱毛器を使うため、
脱毛効果は高く少ない回数と短い期間で脱毛を終わらせる事が可能です。

また、1回分の料金はサロンの方が良くても
回数が多くなるので総額はサロンの方が高くなる傾向にあります。

しかし、サロンの場合は、おでこ(額)単体のみというよりも
顔全体のプランや月額制の全身脱毛プランが多くて、
おでこだけ脱毛できるサロンはそんなに多いわけではありません。

逆におでこだけなら割高になってしまいます。

もし、サロンでおでこ脱毛をしたいなら
顔全体プランか全身脱毛プランを選んだ方が良いかもしれません。

脱毛方法の選択

脱毛方法の選択
おでこ脱毛をする方法は、クリニックかサロンになります。

どちらが良いのか気になる人は多いと思いますが、
やはりクリニックの方がおすすめです。

脱毛サロンは莫大な広告費を使っているので、
多くのサイトではサロンがおすすめとなっていますが、
やはり脱毛するなら医療脱毛の方が良いと思います。

クリニック

医療レーザー脱毛
脱毛する方法は脱毛サロンや家庭用脱毛器がありますが、
唯一永久脱毛できるのがクリニックです。
永久脱毛は医療行為となるため、医療機関でしか行えません。

サロンならせっかく脱毛してもまた毛が生えて脱毛しなおさなければいけないので、
それなら始めからクリニックを選択した方が良いと思います。

また、先ほど紹介したように料金もクリニックが安く、
脱毛期間が短くて脱毛回数が少ないです。

おでこ脱毛をするならクリニックを選ぶのがおすすめです。

しかし、クリニックは出力の高いレーザー脱毛機を使うため
痛みが強く、お肌へのダメージも強くなります。

敏感肌の人なら2日くらいおでこがヒリヒリするかも知れません。

ただ、今は痛くない医療レーザー脱毛機がありますし、
麻酔も使えるのでそこまで気にする必要はないです。
また施術時間も5~10分なのですぐに終わります。

そして何より顔のような敏感な部位はクリニックの方が安心だと思います。

レジーナクリニック

レジーナクリニック
レジーナクリニックは脱毛効果が高い医療レーザー脱毛機を導入しているため
少ない回数でおでこの脱毛を終わらすことが可能です。
また、おでこがヒリヒリしたり、赤くなったりしたら、
無料で診察してくれ薬も提供してもらえます。

ただ、レジーナクリニックは脱毛効果が高い分
若干痛みがあります。
その場合は麻酔を使えるのでそこまで心配はいりません。

脱毛プラン 料金
額脱毛セット 27,000円/5回

GLOWクリニック

GLOWクリニックは痛みが少ない蓄熱式のレーザー脱毛機を導入しています。
痛みに敏感な人でもGLOWクリニックならほぼ何も感じないという人もいるくらいです。

しかもこの蓄熱式の脱毛器、従来のレーザー脱毛機よりも産毛への脱毛効果が高く、
顔やおでこの脱毛にはおすすめなのです。

ただ、レジーナクリニックに比べ料金は少し高くなります。

GLOWクリニックで脱毛するならおでこだけでもおすすめですが、
顔全体脱毛した方が割安感があっておすすめです。

脱毛プラン 料金
額(Mパーツ) 37,500円/5回

脱毛サロン

脱毛サロン
脱毛サロンは、痛みが少ないフラッシュ脱毛器を使い、
中には脱毛と同時に美肌効果のあるサロンもあります。

しかし、その分出力が低い脱毛器を使うので、
クリニックに比べ回数が必要で脱毛期間も長くなります。

また、出力低いことから脱毛効果が不安定な側面もあります。

永久なら生えてきませんよ
脱毛するならサロンじゃなく医療脱毛を選びましょう
ミュゼなどの脱毛サロンはやめたら
また元通りに生えてくるので効果がありません。
毛の表面を処理しているだけだからです。
お金がもったいないですよ。カミソリで剃るのと効果変わりません。
医療脱毛だけが、毛を薄くしたりなくす事ができる永久脱毛ができるので
短期間で高い効果が出ます。結果、医療脱毛にした方が安いし
毛も生えてこなくなりますね。

ただ、誤解しないでほしいのはこうした口コミがあっても
効果がないわけではありません。
実際に効果が出た人も沢山いますし、効果もあります。

しかし、出力が低いと肌質や毛質に影響されやすいので
効果を感じにくい人もいる事は事実です。

多くのサイトはサロンを良いように紹介していますが、
こうした声もあると理解はしておいて決めた方が良いでしょう

ストラッシュ

ストラッシュ
ストラッシュは痛みが少ないSHR脱毛を導入しております。
これはクリニックの蓄熱式脱毛とほぼ同じ仕組みです。
もちろん、クリニックの医療レーザー脱毛に比べ出力は低いですが、
その分どんなに敏感肌の人でも痛みはほぼありません。

また、ストラッシュの脱毛器は、
IPL脱毛を行う事も可能で、
IPL脱毛は美肌に良い光を発するためおでこの脱毛におすすめです。

脱毛プラン 料金
額(Sパーツ) 32,010円/12回

おでこの自己処理をする際に

脱毛しないでおでこを自己処理する人もいますし、
脱毛前は必ず自己処理をしなければいけません。
(クリニックは無料でシェービングしてくれるところも沢山ある)

その際は顔や産毛専用の電気シェーバーをお使い下さい。

そうした電気シェーバーはお肌に直接刃が当たらず、
皮膚を傷つける事はないので、お肌への負担はかかりません。

対してカミソリだとお肌を傷つけてしまい、
肌荒れやシミなどの原因になります。

毛抜きや除毛クリーム、ブラジリアンワックスはNG

おでこで除毛クリームやブラジリアンワックスを使う人は少ないと思いますが、
毛抜きも含めたそれらの除毛グッズを使うのは止めて下さい。

お肌を傷つけ、毛嚢炎やニキビ、シミや肌荒れの原因になります。

顔のようなデリケートな部位は
必ず電気シェーバーをお使いください。

おでこ脱毛のまとめ

おでこ脱毛はおでこが広くなり綺麗に見えるだけではなく、
化粧ノリも良くなりメリットは沢山あります。

また、おでこだけならそこまで料金は高くないため、
それで綺麗に見えるなら脱毛する価値はあると思います。

予めどのように脱毛したいのかを決めて、
クリニックやサロンのスタッフさんと
相談しなければ決めれば失敗する事はありませんから、
おでこ脱毛はおすすめです。