毛周期と脱毛
「何故脱毛はこんなに時間がかかるのか?」
「脱毛頻度を増やして早く思わせる事は出来ないのか?」
などと思う人も多いはずです。

しかし、脱毛は毛周期に合わせて脱毛しないと効果がないため、
むやみやたらと回数を増やしても意味はないですし、
脱毛期間を短くすることも出来ません。

そこで、このページでは毛周期と脱毛の関係性について紹介していきます。

これから脱毛をする人は必ず覚えておかなければいけない知識ですので、
効果的に脱毛をしたいなら是非参考にして下さい。

毛周期とは

毛周期
毛周期とは毛が成長してから抜け落ちるまでのサイクルの事で
「成長期(前期・後期)」「退行期」「休止期」の3段階に分類されます。

脱毛はこの中で成長期に照射しないと効果はありません。

毛周期のサイクル

  • 成長期初期
  • 成長期後期
  • 退行期
  • 休止期

成長期

毛細細胞が毛乳頭から栄養を吸収して細胞分裂が始まり、
毛が伸び始める時期の事です。
脱毛はこの成長期に行わないと効果はありません。

というのも脱毛器から放たれる光は、
毛の黒いメラニン色素に光が反応して、
毛乳頭にダメージを与える事で毛を生やさなくしていきます。

つまり、毛が生えている事と毛と毛乳頭が繋がっている事で、
始めて脱毛できる条件が備わっているという事です。

その時期が成長期です。

そして成長期は成長初期と成長後期に分類されます。

成長初期

成長初期
毛細細胞が毛細血管を通じて毛乳頭から栄養を取りこむことで、
細胞分裂が始まり、皮膚の中から毛が成長し始め、毛が黒くなり長くなっていきます。

成長初期ではまだ皮膚の表面から毛があまり出ていません。

成長後期

成長後期
毛乳頭からさらに栄養を吸収し、毛が成長しきり、
皮膚の中から毛が出てくる状態です。

成長前期でも大丈夫ですが、成長後期はもっと脱毛しやすい時期です。

退行期

退行期
毛と毛乳頭の結合が弱くなることで毛に栄養が行きわたらずに、
毛が抜き落ちるまでの期間です。

イメージとしては毛を引っ張るとすぐに抜け落ちる時期です。

この段階では脱毛器の光が毛乳頭に伝わりにくくなり、
脱毛してもいまいち効果は感じられません。

休止期

休止期
毛の成長が完全に止まり、次の毛を再生するまでの準備期間です。

この休止期ではバルジ領域というところから発毛因子(毛包幹細胞)が発生して、
その発毛因子が毛細細胞となります。

そして毛細細胞が毛乳頭と結合することで、
成長期に移行していきます。

当然この段階で脱毛しても何の効果もありません。

ただし、今は従来のように毛乳頭にダメージを与えるのではなく、
発毛因子を作り出すバルジ領域にダメージを与える蓄熱式という新しい脱毛法も出ています。

詳しくは後で紹介しますが、
この蓄熱式は毛周期をそこまで意識しなくても脱毛効果がある手法です。

毛周期は部位別によって異なる

成長期で生えている毛の割合 毛周期
約20% 1か月半~2か月
約30% 2か月~3ヵ月
約20% 1か月半~2か月
約30% 2か月
背中 約20% 1か月半~2か月
VIO 約30% 2か月~3ヵ月

上記の毛周期は一般的な期間で、
毛周期と言うのは部位によって異なり、
最も言えば同じ部位でも箇所によって異なります。
また、個人差もあります。
つまり正確にはわからないのが現状です。

ただ、目安とすれば、第二次性徴期から生えだしてくる
VIO、ヒゲ、ワキなどの性毛は2か月~3か月で、
足や腕の毛などの無性毛は1か月半~2か月
というイメージです。

次に、成長期に生えている毛は毛全体の20~30%です。
ということはお肌の表面に出ている毛を全て処理できたとしても
4~5回は脱毛しないといけないという事になります。

医療脱毛の毛周期と脱毛頻度

医療レーザー脱毛
医療脱毛の脱毛頻度や脱毛期間、回数を紹介していきます。
全ての毛周期を基準として決めていきます。

医療脱毛の回数

医療脱毛は1回の脱毛で全体の15~20%の毛を脱毛できると言われております。
つまり、最短で20%×5回=100%で脱毛を完了できる計算になります。

ですから、クリニックは5回を基準にして料金プランを組み立てているケースが多いのです。

しかし、必ず5回で脱毛が終わるわけではありません。

毛質や肌質、部位、使うレーザー脱毛機によっても脱毛効果が異なるため、
5回で終わらない事も多々あります。
特にVIOラインのように毛が濃くて毛量が多い部位は
5回で終わらない可能性が高いです。
8回くらい必要になる事もザラにあります。

医療脱毛の毛周期と脱毛期間

先ほど紹介したように毛周期は平均して2か月くらいですので、
医療脱毛は2ヵ月に1回の頻度で脱毛するケースが多いです。
ただ、2か月×5回=10ヵ月で終わるというわけではありません。

医療脱毛は1回の脱毛効果が高いため、回数を重ねていくと
毛の生えるのが遅くなってきます。

毛がまったく生えてないのは休止期に当たるため、
その時に脱毛しても意味がありません。

ですので、4~5回目は、
3ヵ月に1度となる可能性もあります。

医療脱毛の事例

■1~3回目(2ヵ月に1回)⇒6ヵ月
■4~5回目(3ヵ月に1回)=6ヵ月
合計⇒12ヵ月

何度も言うように個人差もあり部位によっても異なりますが、
医療脱毛は最低でも1年はかかると思って下さい。
もちろん、5回で脱毛が絶対に終わるわけではありません。

脱毛サロンの毛周期と脱毛頻度

脱毛サロン
脱毛サロンでも毛周期を理解して脱毛しなければいけませんが、
医療脱毛と少し異なります。

脱毛サロンの脱毛回数

まず大前提として脱毛サロンは永久脱毛できないため、
正確には脱毛に終わりはありません。

脱毛完了してしばらく経つと大なり小なり毛が生えてくるようになります。
ただ、しっかりと回数を増やして脱毛すればムダ毛は綺麗に出来ます。

これは正確な実証データーはないのですが、
おそらく脱毛サロンだと1回の脱毛で5~6%くらいの毛しか処理できないと思います。

ですので、18回は必要になります。

脱毛サロンのサイトやサロンを紹介しているサイトでは
12回くらいと見かける事もあります。
しかし、実際は12回で終わるのは稀なケースで、
仮にそこで止めてもすぐに毛が生えてくるようになります。

ですので脱毛サロンでは18回を基準にして下さい。

脱毛サロンの毛周期と脱毛期間

脱毛サロンは1ヵ月で1回のペースで通うケースが多いです。

脱毛サロンは一回の脱毛で処理できる毛の量が少ないため、
医療脱毛のように2ヵ月や3ヵ月に1度の脱毛だといつまで経っても終わりません。

次の成長期まで待たずに出来るだけ短い頻度で脱毛していきます。

また脱毛サロンの効果なら1ヵ月に1度ではなく2週間に1度でも良いくらいです。

しかし、脱毛サロンは他のお客さんも沢山いますし、
スタッフの人件費などを考えればそこまで短い頻度で脱毛する事は出来ません。

脱毛サロンで毛周期の関係で脱毛頻度を少なくする話をされたら、
それは毛周期ではなく脱毛サロンの都合によるものでしょう。

さらに脱毛サロンは予約が中々取れずに、
脱毛期間が伸びる傾向にあります。
特に大手脱毛サロンは、予約客が多く、
平日の夕方以降や週末で予約を取るのは大変です。

平日の昼間なら比較的予約は取りやすいのですが、
仕事を休んでまで脱毛するのも難しいと思います。

実際に脱毛サロンで全身脱毛すると3~5年はかかり、
5年かかるのも決して少なくありません。

蓄熱式脱毛は毛周期に関係なく脱毛できる?

SHR脱毛の仕組み
蓄熱式脱毛とは、発毛因子を作り出すバルジ領域に
低温の熱を数回に分けて与える事で蓄熱させダメージを与える新しい脱毛法です。

従来の脱毛のように毛の黒いメラニン色素を通じて
毛乳頭に高温のエネルギーを与えてダメージを与えるわけでないため、
お肌へのダメージが少なく、さらに毛乳頭をターゲットにしてないので、
毛周期に関係なく脱毛できるとされています。

しかし、実際のところある程度毛周期を意識しないと脱毛をしていくのは難しいと思います。

というのも、もし毛周期が関係なければ短い期間に何度も脱毛すれば脱毛を完了出来るという事になりますが、
実際は1ヵ月に1度くらいのペースで脱毛しています。

また、蓄熱式脱毛は従来の脱毛に比べ脱毛効果が弱いため、
回数が必要になります。

蓄熱式脱毛はまだ医学的な実証数が少ないのが現状です。

もちろんお肌への痛みが少なく脱毛効果があるので
魅力的な脱毛方法ではありますが、毛周期を全く無視するというのは違います。

成長期の見極め方

成長期の見極め方
脱毛する際は毛周期の中の成長期でなければ効果はありません。
それではどのように成長期を見極める事が出来るのでしょうか。

ざっくり言えば、毛が伸び始めた時期なのですが、
厳密に成長期を見極めるのは無理だとされています。

個人によっても部位によって、その部位の場所によっても異なるため、
本当に最適なタイミングで脱毛するのは現実的はありません。

医療脱毛なら2か月、脱毛サロンなら1ヵ月というのは、
最適なタイミングということではなく、
それよりも短い頻度で脱毛しても十分な効果を得られないためです。

(脱毛サロンの場合はサロンの事情で頻度を決めるので少し違う)

ですので、脱毛の毛周期はある程度大雑把に脱毛しても良いと感じます。
あまり細かく気にする必要はありません。

1回の脱毛効果を高めるための4のポイント

ここからは毛周期の成長期に脱毛するに当たり、
より1回の脱毛効果を高めるためのポイントを紹介していきます。

どの方法で脱毛するにせよ重要なポイントですので
是非参考にして下さい。

毛抜きやブラジリアンワックスは使わない

毛抜きやブラジリアンワックスは無理やり毛を抜くため、
毛周期を狂わせてしまいます。

毛周期が狂うと定期的に脱毛しても効果が出ずに、
脱毛回数が増えてしまいその分料金も高くなります。

脱毛期間中毛を抜く行為は絶対にNGです。

必ず電気シェーバーでムダ毛処理して下さい。

日焼けをしない

脱毛期間中の日焼けはNGです。

脱毛は黒い色素に反応するため、お肌が黒いと毛根だけではなく、
お肌表面に熱を与えてしまい火傷の恐れがあります。
また、お肌が黒いと痛みが強くなり、レベルを下げて照射しなければいけません。
レベルを下げると脱毛効果が弱まり、1回の脱毛効果が落ちてしまいます。

自黒程度の肌なら問題ありませんが、
基本お肌が黒いと出力を上げる事が出来なくなりますので、
脱毛期間中はUVクリームを塗るなり、肌を露出しないなりの工夫をして下さい。

お肌を乾燥させない

これはお肌を日焼けさせないと重複しますが、
お肌が乾燥していると痛みが増します。

痛みが増すという事は当然痛みを抑えるためにレベルを下げなければいけないため
1回の脱毛効果が落ちてしまいます。

また、日焼けした肌に照射すると肌トラブルの危険性も高まります。

脱毛前はもちろん、脱毛後も脱毛期間中も常に保湿はして下さい。

医療レーザー脱毛をする

1回の脱毛効果を高めて少ない回数で脱毛を終わらせるためには
やはり医療レーザー脱毛をするしかありません。

医療レーザー脱毛なら、脱毛サロンや家庭用脱毛器の
1/3の回数で脱毛を終わらせる事が可能です。
その上永久脱毛出来るため、しっかりと脱毛を終わらせられればもう毛が生えてくる事はありません。

また、脱毛サロンは安いというイメージを持っている人が多いのですが、
トータル的な料金は医療脱毛もサロンも変わりません。
脱毛サロンは1回の脱毛料金は安くても回数が増えるため総額が高くなるのです。

まとめ

脱毛は毛周期の中の成長期に脱毛しなければ効果がないため、
回数も期間も必要になります。

ただ厳密に成長期を特定して最適なタイミングで脱毛するのは難しいので、
期間を決めて脱毛していきます。

目安とすれば医療脱毛なら2ヵ月に1回、脱毛サロンなら1ヵ月に1回です。
それを定期的に続けていき、医療脱毛は脱毛回数が5~8回で脱毛期間は1年~1年半、
脱毛サロンは18回以上で脱毛期間は3年~5年です。

因みに当サイトで頻繁に紹介している家庭用脱毛器の脱毛回数もサロンと同じですが、
脱毛頻度を増やせるため脱毛期間は1年~1年半と短く出来ます。

ただ、家庭用脱毛器を使う際は性能の良い脱毛器を使わないと脱毛効果が弱いので、
しっかりと脱毛出来ません。

家庭用脱毛器を使う際はあくまでも高性能の脱毛器が条件です。