医療脱毛の回数

脱毛するなら理想は医療脱毛です。

医療脱毛なら少ない回数で永久脱毛出来て、
一度脱毛が終わればムダ毛が生える心配はないので、
自己処理の必要もなくなります。

もし、真剣に永久脱毛してムダ毛のコンプレックスを解消したいなら、
可能な限り医療脱毛を選択して下さい。

脱毛サロンや家庭用脱毛器を利用するのは、
何かしらの理由で医療脱毛が出来ない人です。

そこで、このページでは医療脱毛はどのくらいの回数を脱毛すれば効果が感じられるのか、
何回脱毛すれば脱毛を完了させることが出来るのかなどを
中心にお話していきます。

医療脱毛を検討されている人は是非参考にして下さい。

部位別の医療脱毛の回数

部位 自己処理がほぼ不要な回数 脱毛完了までの回数 脱毛完了までの期間
5~6回 7~8回 1年~1年半
VIO 5~7回 8~10回 1年半~2年
腕・脚 4~5回 6~8回 1年~1年半
5~7回 8~10回 1年半~2年
背中 4~6回 7~9回 1年半~2年
腹・胸周り 4~5回 6~7回 1年~1年半

脱毛回数は、毛質や毛量、肌質など個人差があり、
部位によっても異なります。

ここで紹介している回数は少し多めにしているので、
実際はもう少し少ない回数になる事が多いです。

医療脱毛は、5~6回脱毛すれば、
よっぽど剛毛か毛が薄くない限り、ほぼ自己処理がいらないくらいまでになります。

医療脱毛のプランで5~6回の回数が多いのはそのためです。

しかし、部位や人によっては完全に脱毛しきれないケースもあり、
自己処理がいらなくなってもこれから毛が生えてくる可能性もあります。
そのため、そこから数回脱毛して完全に永久脱毛させます。

また、期間は医療脱毛の場合、1~3ヵ月に一度のケースが多く、
大抵のクリニックは2ヵ月に1度です。

そのため、最低でも1年~1年半通う必要があります。

医療脱毛で1~3回の毛質毎の効果

毛質毎の回数効果

  • 普通の毛⇒半分以上毛が減り、部分的にスッキリする
  • 剛毛⇒毛の量はかなり減るが薄い毛が生えてくる
  • 産毛⇒全体的にまだ産毛は生える

医療レーザー脱毛は1回の脱毛で15~20%の毛を脱毛できると言われております。
3回も脱毛すれば効果を感じ、毛がすぐに抜けたり、毛の生える量が減ったと感じます。
部位によっては、ほぼ自己処理が必要ないと感じる人もいるかもしれません。

ただし、剛毛や産毛は3回ではもう少し脱毛が必要だと感じると思います。

医療脱毛で4~6回の毛質毎の効果

毛質毎の回数効果

  • 普通の毛⇒ほぼ自己処理の必要はなくなる
  • 剛毛⇒部分的に産毛が生える程度で剛毛の状態ではない
  • 産毛⇒まだ多少産毛は生えるがツルツルの状態

6回も脱毛すれば普通の毛なら、ほぼツルツルで、
自己処理はもちろん、脱毛完了する人も多いです。

産毛の人も、ちらほら毛が生える個所はありますが、
人によってはもう満足すると感じるくらいツルツルで綺麗です。

剛毛のケースは産毛のような毛しか生えず、
脱毛前と比べれば見違えるほど綺麗になっています。

医療脱毛で7~10回の毛質毎の効果

毛質毎の回数効果

  • 普通の毛⇒脱毛完了
  • 剛毛⇒若干産毛が生える可能性はあるが自己処理は必要ない
  • 産毛⇒脱毛完了

医療脱毛を7~10回脱毛すれば、ぼぼ脱毛は完了しております。

部位や人によっては6回もあれば十分なのですが、
完全に毛乳頭を破壊できていない可能性もあるので、
1~2回くらい回数を増やし完全に永久脱毛をさせるケースもあります。

しかし、髭やVラインのような剛毛の部位だと、
産毛くらいは生える可能性もゼロではありません。

特に髭の脱毛は、出力を抑えながら照射するので、
どうしても回数は必要です。

ただ、神経質になり過ぎなければ、
10回も脱毛すれば完了して良いでしょう。

脱毛完了までの医療脱毛の料金

医療脱毛は保険適用外なので料金はサロンや家庭用脱毛器に比べ高くなります。

部位 5回 8回
7500円~19,800円 25,000円~46,000円
VIO 45,000円~90,000円 130,000円~210,000円
74,000円~90,000円 120,000円~180,000円
90,000円~150,000円 200,000円~250,000円
100,000円~120,000円 200,000円
背中 50,000円~80,000円 100,000円~150,000円
全身(顔とVIO除外) 190,000円~300,000円 400,000万~450,000円
全身(顔とVIO含む) 370,000円~500,000円 550,000円~720,000円

医療脱毛の料金はクリニックによってまちまちで金額に大きな開きがあります。

部分的な脱毛が安いクリニックは全身脱毛が高く、
逆に部分的な脱毛が高いクリニックは全身脱毛が安かったりします。

また、クリニックは高いと思われがちですが、
顔とVIOラインを除く全身脱毛なら意外と安くできるところもあります。

しかも月額制(実際は分割払い)のクリニックもあるので、
そこまで大きな負担にはなりません。

クリニックで脱毛する際はどこまで脱毛するのか
予め目的を決めてクリニックを選んでください。

後から脱毛したい部位を追加していくと
高い料金になってしまいます。

医療脱毛はしっかりと永久脱毛できる

医療脱毛の最大のメリットは永久脱毛できることです。
永久脱毛は医療行為なので、サロンや家庭用脱毛器は出来ません。

サロンや家庭用脱毛器で行っているのは、正確に言えば減毛なので、
一時的に毛が生えてこなくても、脱毛完了後時間が経てばいずれ生えてくるようになります。

ただし、永久脱毛と言っても実は永久に毛が生えてこないわけではありません。
永久脱毛を定義している2つの団体の見解は以下のようになります。

永久脱毛の定義

■アメリカのFDA(食品医療品局):脱毛施術3回を行った6カ月後に67%(2/3)以上の毛が減っている。
■電気脱毛協会:脱毛施術1カ月後の時点で、毛の再生率が20%以下

脱毛はアメリカが最先端なのでFDAの見解が正確ですが、
永久脱毛の定義は、脱毛施術3回を行った6カ月後に67%(2/3)以上の毛が減っているとなっています。

つまり、永久脱毛は毛が生えない事ではなく、
脱毛完了後にどのくらい毛の量が減ったかということです。

以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。
「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」

医療脱毛は回数を増やせば毛が生えない?

医療脱毛は永久脱毛は出来ても、
永久脱毛とは毛が生えないことはないという事でした。

それならクリニックで脱毛しても毛が生えてくるのか
気になる人もいると思います。

答えとしては、ここで紹介した医療脱毛の回数をこなせば、
ほぼ毛が生えてくることはありません。

最後までしっかりと回数をこなせば、
「永久脱毛=毛が生えてこない」
という認識で良いと思います。

しかし、永久脱毛できるのは、
最新のレーザー機器を使っているクリニックだけです。

皮膚科やあまり脱毛を行っていないクリニックでは、
旧式のレーザー脱毛機器しか置いていなく、
完全に脱毛しれきないところもあります。

普通に脱毛を行っているクリニックなら
永久脱毛が出来ます。

また、100%産毛も生えてこないとは言えません。

というのもレーザー脱毛が普及してから、
まだ20~30年なので絶対に毛が生えてこないという実証ができないのです。
もしかしたら、30年後毛が生えてくることも否定できません。

実際に医師に質問しても立場上断言することはしにくいので、
絶対という言葉を使わないと思います。

しかし、しっかりと回数をこなせば、
ほとんど毛が生えることはないので、安心して脱毛してください。

脱毛サロンと回数の比較

ここで脱毛サロンとの回数の比較もしてみます。
どのくらい違いがあるのかイメージ出来ると思います。

部位 医療脱毛の回数 医療脱毛の脱毛期間 脱毛サロンの回数 脱毛サロンの期間
7~8回 1年~1年半 18~20回 3年以上
VIO 8~10回 1年半~2年 20~25回 3年以上
腕・脚 6~8回 1年~1年半 15~18回 2年以上
8~10回 1年半~2年 20~25回 3年以上
背中 7~9回 1年半~2年 15~18回 2年以上

脱毛サロンは、多くの広告費を使い宣伝しているので、
沢山の人に使用してもらうために、どのサイトも少なめに紹介していますが、
実際はこのくらいの回数は必要です。

イメージとしては医療脱毛の倍以上の回数が必要です。

また、脱毛サロンは脱毛完了後いずれは毛が生えてくるようになりますから、
また通わなければいけない可能性も高まります。
生えてこないと言っているのは、誇大表現か嘘です。

医療脱毛はサロンより、少ない回数と短い期間で脱毛ができ、
しかも永久脱毛出来てしまいます。

医療脱毛と脱毛サロンの何が違うの?

脱毛サロンは永久脱毛出来ませんし、脱毛回数が多く脱毛期間も長い事が分かったと思います。
では実際に何が違うのかというと、脱毛機器の差です。

フラッシュ脱毛の効果

脱毛サロンで使われているフラッシュ(IPL)脱毛は、
毛を生やす司令塔である毛乳頭まで光が届かず、ダメージを与えられません。

せいぜい、毛乳頭周辺の器官に少しだけ熱を与える程度です。

対して、医療レーザー脱毛は直線的に毛乳頭に光を届け、
破壊することができます。

そもそも法律で、毛乳頭を含む全ての毛を再生させる器官に
ダメージを与えられるのは医療脱毛だけです。

器官を破壊させることができない以上、
一時的な減毛の効果しかありません。

ただ、脱毛サロンでもしっかりと脱毛すれば、
脱毛する前の状態のような毛の生え方はしなくなります。

それでも医療脱毛のように毛が生えない状態とは程多いです。

医療脱毛に通えるならサロンはNG

サロンはNG

医療脱毛以外にもサロンや家庭用脱毛器でも脱毛できますが、
お金の問題や近所に良いクリニックがないなどの理由がない限り、
クリニックで医療脱毛をして下さい。

特にサロンを利用する人は沢山いて、
先ほどお話したようにサロンの実態は脱毛期間がなく、
脱毛が思わって毛が生えてくるようになります。

それなら、価格が安く、脱毛期間が短くて効果も同じで、
何度でも使える高性能の家庭用脱毛器の方が良いです。

しかし、それはあくまでもサロンを利用するならです。

脱毛の基本はクリニックで医療脱毛が良いでしょう。

医療脱毛の回数のまとめ

医療脱毛の回数は5~6回が目安で、脱毛期間は1年半くらいは必要です。
もちろん、髭やVIOなどデリケート部位や剛毛の人、産毛が多い人は
それ以上回数が必要です。

しかし、5~6回脱毛すれば、
ムダ毛がぐんと減り、人によっては自己処理の必要もありません。

医療脱毛の回数のイメージとしては、
1回の脱毛で体全体にある毛の15~20%処理できるとイメージ出来れば良いと思います。
(肌質や毛質、体質などにもよっても異なる)

そうすると5~7回で脱毛が終わる計算になります。