顔におすすめの脱毛器

クリニックやサロンに行って顔の脱毛をするのは面倒。
出来れば自宅で脱毛したいと言う人は多いはずです。

そこでおススメなのが家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器でも顔の産毛は綺麗にできますし、
サロンやクリニックに行かなくても十分に綺麗に出来ます。

しかし、脱毛器の中には顔の脱毛が出来ない物や
脱毛効果がない物もあります。

顔の産毛は他の部位に比べ脱毛しにくいので、
より効果がある家庭用脱毛器を選ばなくてはいけません。

このページではどの脱毛器が顔の脱毛に効果があり、
どのような点に注意して脱毛器を選べば良いのか詳しく解説していきます。

家庭用脱毛器で顔の産毛は綺麗に脱毛できるの?

まず脱毛器で顔の脱毛をする際に理解しなければいけないのが、
産毛の処理は難しいという事です。

ショット式

家庭用脱毛器や脱毛サロンで使っているフラッシュ(光)脱毛は、
毛の黒いメラニン色素に反応して脱毛する仕組みで、
毛が薄いと光が反応しにくくなり、脱毛効果は弱まります。
もちろん、それはクリニックの医療レーザー脱毛でも同じ。

そんな顔の産毛を綺麗に脱毛するためには、
出力が高い高性能の脱毛器が必要です。

低価格なものだと出力が足りず、
産毛を綺麗に脱毛出来ません。

逆に高性能の脱毛器なら、クリニックのような医療脱毛までとはいきませんが、
脱毛サロンと同等の脱毛が出来てしまいます。

今までのように頻繁に産毛の自己処理をする必要がなく、
たまに軽く処理するくらいまで綺麗になります。
上手くいけばほぼ自己処理がいらなくなるまで脱毛出来ます。

除毛と脱毛の違いを理解する

脱毛と除毛の違い

脱毛と言う定義は曖昧で電気シェーバーのような除毛器にも
脱毛器という表現で販売されている物もあります。

しかし、自宅で脱毛が出来るのは、
IPLという光を使ったフラッシュ脱毛器だけで、
それ以外は全て除毛です。
(一部レーザー脱毛もある)

脱毛 除毛
仕組み レーザーやフラッシュなどで毛根にダメージを与える お肌の表面に出ている毛を剃ったり、抜いたり、溶かしたりする
効果 毛が生えなくなる、生える量が減る、毛が薄くなる その都度普通に毛が生える

電気シェーバーやワックス、クリームなどは、
あくまでもお肌の表面に出ている毛をその都度処理するだけで
脱毛ではありません。

脱毛は光のエネルギーを使い毛根にダメージを与える事で、
毛が生えなくなったり生える量が減ったり毛が薄くなったりします。

脱毛と除毛の違いをしっかりと理解して下さい。

顔の脱毛におすすめの家庭用脱毛器の選び方

自宅で顔の産毛を脱毛する場合、最も重要なのはどのような脱毛器を使うかです。
ここを間違えれば顔の脱毛は出来ません。

そもそも顔の脱毛ができるのか確認する

全ての家庭用脱毛器が顔の脱毛をできるわけではありません。
顔に使用するのがNGの脱毛器も沢山あります。

まずは顔に使用して良いのかしっかりと確認して下さい。

ただ、自己責任ではありますが、
どんな脱毛器でも顔の脱毛は出来ます。

というのも顔専用の特別な脱毛器があるわけではなく、
他の部位で使えて顔には使えないという事はありません。

わかりやすく言えば、脱毛サロンで脱毛出来る部位は
どのような家庭用脱毛器でも脱毛出来ます。

家庭用脱毛器も脱毛サロンも使っている光の種類は同じなので、
顔だからと言って特別な事はないのです。

しかし、顔はとても敏感な部位で万が一何かの肌トラブルがあれば、
メーカー側の責任を追及される可能性があるのでNGにしている脱毛器があるだけです。

どうするかは本人が決める事ですが、
一応顔に使える物を使った方が無難です。

脱毛効果が高い家庭用脱毛器を使う

顔の産毛を脱毛する場合、最も重要なのは出力が高く脱毛効果が高いことです。
顔の産毛のような薄い毛を脱毛するには、高い出力が必要なので、
普通の家庭用脱毛器では処理しきれません。

しかし、家庭用脱毛器の出力は公開されていませんし、
脱毛効果も外からではわかりません。

脱毛効果の指標で最もわかりやすいのは
家庭用脱毛器の価格です。

高出力のパワーを出すためには、
高性能な脱毛器なので、その分価格も高くなります。

低価格の家庭用脱毛器では産毛の脱毛をするだけの出力は出せません。

出力レベルを細かく調整できる脱毛器

出力レベルが10段階あるような脱毛器は、
出力が高く脱毛効果が高いという事もありますが、
顔は敏感な部位なので細かく調整出来た方が自分の肌にあった出力で脱毛出来る事があります。

人それぞれ肌質は違い、どのくらいの出力が最適かは個人差があります。
自分に合わない出力で照射するとお肌が赤くなりヒリヒリしますし、
出力が弱すぎると脱毛効果はありません。

自分に合う効果の高い出力を見つけるためには、
細かくレベル調整出来る事が条件です。

フラッシュ脱毛器を選ぶ

家庭用脱毛器の中には、
フラッシュ脱毛器の他にもレーザー脱毛器やサーミコン式など様々な種類があります。

しかし自宅で脱毛できるのはフラッシュ脱毛器かレーザー脱毛器です。
先ほどお話したようにその他の脱毛器は、正確には電気シェーバーのような除毛器です。

家庭用ではトリアというレーザー脱毛器があり、
出力は下がりますが、医療レーザー脱毛で使われているダイオードレーザーです。

ただ、トリアは痛みが強く、顔の脱毛では肌トラブルを起こす可能性もあります。
また、トリアは剛毛には効果は高いのですが、産毛には弱いので、
顔の脱毛には向きません。

ですから、自宅で顔の脱毛する場合、フラッシュ脱毛しか選択はなくなるのです。

ランニングコストが安い脱毛器を選ぶ

家庭用脱毛器は本体の価格よりもランニングコストの安さが大切です。

家庭用脱毛器で言うランニングコストとは、
1ショットコストです。

本体価格が安くてもランニングコストが高いと、
頻繁にカートリッジを交換しなければいけなくなったり、
本体を何度も購入しなければいけなくなります。

逆に本体価格が高くてもランニングコストが安ければ、
追加料金がかからず長く使いづづけられ、
しかも高性能なので脱毛効果も高いです。

家庭用脱毛器を選ぶ際は、必ず1ショットコストの価格を確認して下さい。

顔脱毛におすすめの脱毛器

実は顔脱毛するのにおすすめの脱毛器はそうはありません。
普通の脱毛器なら出力が足りず、産毛を処理しきませんし、
顔に使える脱毛器は限られます。

第1位 ケノン

ケノン

顔の脱毛をするならケノン一択と言って良いほどケノンの性能は優れています。
ケノンはサロンと使われている業務用脱毛器と脱毛効果が変わらず、
特に産毛の効果は抜群に高いです。

また、脱毛期間はサロンの3分の1以下で終わらせられ、
サロンよりも価格は安いです。

どの機能や性能を取っても家庭用でケノンを超える脱毛器はありません。

ケノンのスペック

  • 69,800円
  • 最大300万発照射可能のカートリッジ付き
  • 1ショットコストが0.0098円
  • 目的に合わせたカートリッジが6種類もある
  • 出力レベルは10段階
  • 剛毛にも産毛にも効果が高い
  • 顔も含めた全身どの部位でも使える
  • 家族や友人と共有できる
  • フォトフェイシャルとしても使える

ケノンの詳しい詳細

第2位 パナソニック 光エステ

光エステ

これまで光エステは何度もバージョンアップしてきて
今の光エステはかなり性能が高まりました。

ケノンに比べれば機能も性能も落ちますが、
顔の脱毛をすることは可能です。

また、フェイス用アタッチメントを付ければ、
照射面が約10.5°の傾斜により、鼻の下や頬など細かい部分の脱毛がしやすい作りになっております。

出力はそれほど高くはありませんが、
顔に使いやすい脱毛器でもあるので、脱毛回数を増やし、脱毛期間を長くすることで、
ある程度産毛を綺麗にすることは可能です。

ただ、ランニングコストが若干高くなり、
顔以外にも使うならいずれ本体を交換しなければいけないかもしれません。

光エステのスペック

  • 47,480円
  • 最大30万発照射可能
  • 1ショットコストが0.15円
  • フェイス用とボディ用2種類のカートリッジがある
  • 出力レベル5段階
  • お肌の状態に合わせておすすめのレベル知らせてくれる肌検知センサー付き

光エステの詳しい詳細

第3位 センスエピX

センスエピX

コンパクトで使いやすい家庭用脱毛器です。
決して高性能ではなく、脱毛効果もそれほど高いわけではありません。

ただ、お手頃な価格で購入出来ますし、
当然顔の脱毛も出来ます。

完全に顔の産毛を綺麗にすることは難しくても
回数を重ねていけば、自己処理の回数は減らせます。

センスエピXはフラッシュ脱毛器ではありますが、
電気シェーバー感覚で手軽に使えるのも大きなメリットです。

顔や気になった部位を軽く脱毛するのに非常におすすめの脱毛器です。

センスエピXのスペック

  • 32,184円
  • 最大30万発照射可能
  • 1ショットコストが0.09円
  • I・Oライン以外全身に使える
  • 出力レベル5段階
  • 肌色センサー付き

センスエピXの詳しい詳細

脱毛器で顔脱毛する際の注意点

顔はとても敏感な部位なので、肌トラブルが起きないようにしっかりとポイントを抑えましょう。

日焼け肌や色黒肌、シミ・ほくろなどには照射しない

フラッシュ脱毛器の光は黒い色素に反応するので、
日焼けした肌や色黒肌、シミやほくろなど色素が濃い部分に照射すると、
お肌表面に強い熱が加わり、火傷してしまう可能性があります。

日焼けした肌や色黒肌は照射出来ませんが、
しみやホクロなどはバンドエイドなどで保護しながら照射して下さい。

また、よっぽど日焼けしたり、
日サロでガンガンお肌を焼いていたりする人以外は照射できますので、
あまり神経質になる必要もありません。

とにかく脱毛期間中は出来るだけ日焼けしないように
UVクリームなどで保護しておけば良いでしょう。

照射する際は目を保護するサングラスをかける

顔脱毛で一番注意しなければいけないのは、
目に光を直接当てる事です。

可能性はあまりありませんが、
万が一黒目に照射してしまうと大変です。

ですので、照射中は必ずサングラスを付けましょう。

大体家庭用脱毛器を購入すれば、
サングラスが付属してありますし、もしなければ100ショップで販売しているような安い物でも構いません。
とにかく目を保護できるサングラスなら何でも良いです。

冷やしながら照射して最後は保湿する

照射する前はお肌への負担を減らし痛みを緩和させるために
患部を冷やしながら照射します。

冷やす物は保冷剤でも冷たいタオルでも何でも良いです。

そして、脱毛が終わればお肌が熱を持っているので、
保湿クリームや乳液などでしっかりと保湿してお肌を落ち着かせましょう。

脱毛する上で大切なのはしっかりと冷やして保湿することです。
それさえすれば、肌トラブルになる事はほとんどありません。

脱毛器の使い方

  1. ムダ毛を軽く剃る
  2. 本体の電源を入れレベルを調整する
  3. 「患部を冷やす⇔照射する」を繰り返す
  4. 全て脱毛が終われば保湿する

顔脱毛の回数や脱毛期間

顔の産毛は他の部位に比べ脱毛効果が感じにくいので、
効果を感じるまで最低でも5~6回は必要で、
脱毛完了まで15~20回の脱毛は必要です。

脱毛完了までは1年くらいは必要です。

顔脱毛の頻度

脱毛頻度の参考例

  • 1~2ヶ月⇒2週間に1回
  • 3~5ヵ月⇒1ヵ月に1回
  • 6ヶ月以降⇒2ヵ月に1回

家庭用脱毛器は2週間に1度の頻度で使っていき、
毛の生える量が減ってきたと同時に回数を
1ヵ月に1度や2ヵ月に1度と減らしていきます。

上記は参考例で脱毛頻度は
あくまでも毛の状態と相談しながら決めて下さい。

ただし、むやみやたらと回数を増やしても効果はありません。
毛周期

というのも脱毛は毛周期の中ので毛が生えてきている成長期にしか効果はなく、
回数を増やせば早く脱毛が終わるわけではありません。

回数を増やしても無駄にカートリッジを消耗させ、
お肌へのダメージを高めるだけです。
何のメリットもありません。

ですので、家庭用脱毛器は2週間に1度の頻度を基準に脱毛していきましょう。

顔脱毛のメリット

顔脱毛のメリット

  • 化粧ノリが良くなる
  • 化粧が浸透しやすくなる
  • 顔がワントーン明るくなる

顔の産毛の脱毛をすることで、
今までと印象が変わってくるメリットがあります。

まず、ファンデーションが崩れにくくなり、
チークの発光も良くなります。

また、産毛がなくなることで、
化粧が浸透しやすくなり、事前に肌トラブルを防ぐ対策をすることが可能です。

化粧品で最も大切なのは浸透力で、
良い成分を使っていても浸透しなくては意味はありません。

さらに産毛は顔をくすんで見せる原因になるので、
脱毛することでワントーン明るく見えて顔全体に透明感が出てきます。

顔におすすめの脱毛器のまとめ

脱毛器を使い自宅で顔の脱毛をすることは可能ですし、
十分に産毛を脱毛する事も可能です。

しかし、産毛の脱毛は難しいので、
高性能の脱毛器でなくては高い効果は期待できません。

顔の脱毛をするに当たり最も大切なのはどのような脱毛器を使うかです。

当編集部おすすめのケノンを使えばまず問題ありませんが、
他の脱毛器を検討したいなら、以下の点に注意して脱毛器を選びましょう。

顔の脱毛器選びのポイント

  • 顔の脱毛ができるのか確認する
  • 脱毛効果が高い家庭用脱毛器を使う
  • 出力レベルを細かく調整できる脱毛器
  • フラッシュ脱毛器を選ぶ
  • ランニングコストが安い脱毛器を選ぶ