アレキサンドライトレーザー脱毛
日本の医療レーザー脱毛で最も導入数が多く、
1997年に始めて日本に導入された医療レーザー脱毛機が
アレキサンドライトレーザーです。
(正確にはロングパルスアレキサンドライトレーザー脱毛)

医療脱毛をするなら、多くの人はこのアレキサンドライトレーザーを使用する可能性が高くなります。

しかし、医療レーザー脱毛にはアレキサンドライトレーザーの他に
ダイオードレーザーやヤグレーザーなどもあります。

どれを選ぶかは、クリニックにどの医療レーザー脱毛機が置いてあるかによるので、
こちらで決める事はありません。
もちろん、全種類導入しているクリニックもありますが、
それは稀なケースなので、予め使う医療レーザー脱毛機の特徴を把握した方が良いでしょう。

そこでこのページでは、アレキサンドライトレーザー脱毛の特徴を始め、
メリットやデメリットなどを詳しくします。

医療脱毛を検討している人は是非参考にして下さい。

アレキサンドライトレーザー脱毛って何?

医療レーザー脱毛は主にアレキサンドライトレーザー、
ダイオードレーザー、ヤグレーザーという3種類のレーザーを使います。

これらの違いは光の種類で、
アレキサンドライトレーザーはアレキサンドライトという宝石を用いたレーザーです。

当然レーザーの種類が違うので、特徴や効果も異なります。

大きな特徴としてアレキサンドライトレーザーは、メラニン色素への吸収率が高く、
毛の色が黒い日本人の体質に最も合っているといわれています。

冒頭でもお話したように日本のクリニックで最も導入されているのが
アレキサンドライトレーザーです。

アレキサンドライトレーザー脱毛の仕組み

アレキサンドライトレーザーの仕組み

アレキサンドライトレーザー脱毛は、
毛のメラニン色素に光が吸収されることで、高熱(200度以上)エネルギーに変換され、
毛を生やしている細胞である毛乳頭を破壊します。

ターゲットとなるのは毛のメラニン色素なので、
毛と毛乳頭が繋がっている毛周期の成長期でないと脱毛することは出来ません。

ですので、部位や個人差にもよりますが、
1ヵ月~3ヵ月の頻度で脱毛していき、
1回の脱毛で毛全体の20~25%脱毛できるといわれております。

他の医療レーザー脱毛との違い

特徴 ダイオードレーザー アレキサンドライトレーザー YAGレーザー
波長 800nm / 810nm 755nm 1,064nm
パルス幅(機種により異なる) 5-400ms 5.10.20ms 0.1-300ms
効果 高い 物凄く高い 弱い
産毛の効果 普通 弱い 高い
痛み 弱い(蓄熱式に限る) 痛い 痛い
美肌効果 なし あり あり
使い方の特徴 毛質・肌質関係なく脱毛出来る 剛毛に効果が高い ヒゲやVIOに使うケースが多い

アレキサンドライトレーザーを始めとする、
ダイオードレーザー、ヤグレーザーの特徴を比較してみました。

ダイオードレーザー

<出典:東京美容皮膚科

アレキサンドライトレーザーの特徴は光の波長が最も短く、
毛のメラニン色素への吸収率が高いことから脱毛効果を感じやすい点です。

逆にヤグレーザーやダイオードレーザーは波長が長いので、
毛の黒い色素には反応しずらく、毛の色が金髪や薄い外人さんに良く使われています。

レーザーの波長とバルス幅って何?

お肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの階層から構成されています。
レーザーの波長というのは、その階層の何処まで届けられるかの数値です。

アレキサンドライトレーザーは真皮まで、ダイオードレーザー、
ヤグレーザーは皮下組織まで光を届ける事が出来ます。

基本的に波長が短いと黒い色素の反応しやすく、長いと反応しにくくなります。
ですから、アレキサンドライトレーザーは毛が黒かったり、剛毛だったりする人に効果を発揮しやすいという事です。

また、バルス幅とは毛細細胞まで届くまでの照射時間という事です。

パルス幅が短いショートパルスは、毛細細胞まで全エネルギーを
一気に届けるため刺激が強くなり肌トラブルの危険性も増します。

対してパルス幅が長いロングパルスは、
じっくりとエネルギーを伝えるため少しずつ毛細細胞に熱が広がり、
お肌への負担を減らしながら照射出来ます。

一概には言えませんが、イメージとしては、
ショートパルスはニキビ、シミ、くすみなど治療に適していて、
ロングパルスは脱毛に適しています。

アレキサンドライトレーザーを使用しているレーザー脱毛機

アレキサンドライトレーザーを使用しているレーザー脱毛機はいくつかありますが、
その中で代表的な機器を紹介します。

ジェントルレーズプロ

ジェントルレーズプロ

ジェントルレーズというレーザー脱毛機の上位版がジェントルレーズプロ。

ジェントルレーズプロの特徴

  • 脱毛効果が高い
  • しみ・くすみを改善する美肌効果がある
  • 1秒間に2回照射できる

ジェントルレーズシリーズは、アレキサンドライトレーザーの中で
多くのクリニックが導入しているおすすめの医療レーザー脱毛機です。

様々な特徴はありますが、何と言っても脱毛効果が高く、
美肌作用もあることです。

ジェントルマックスプロ

ジェントルマックスプロ

ジェントルマックスプロは
まだ導入しているクリニックは少ないですが、
先ほど紹介したジェントルシリーズで、
アレキサンドライトレーザーと
ヤグレーザー2つの波長を持ち合わせたレーザー脱毛機なのが特徴です。

ジェントルマックスプロ

  • 脱毛効果が高い
  • 剛毛・産毛両方に効果が高い
  • しみ・くすみを改善する美肌効果がある

ジェントルマックスプロは、ジェントルシリーズの中でも
性能が高くおすすめのレーザー脱毛機です。

ただし、ジェントルレーズプロでも高い効果はあるので、
アレキサンドライトレーザーで脱毛したいならェントルシリーズを
導入してあるクリニックを選ぶのがおすすめです。

アレキサンドライトレーザーのメリット

アレキサンドライトレーザーのメリット

アレキサンドライトレーザーに興味があるなら、
どのようなメリットがあり、自分が求めている効果を得られることができるのか
ここで確認して下さい。

脱毛効果が高く少ない回数で永久脱毛できる

アレキサンドライトレーザーはメラニン色素への吸収率が高いため、
とにかく脱毛効果が高いのがメリットです。

特に剛毛や毛の量が多い場合への効果が高く、
他のレーザー脱毛より少ない回数で脱毛を終わらせることが出来ます。

アレキサンドライトレーザーの脱毛回数の目安

毛の種類 効果を実感するまでの回数 自己処理がほぼ不要な回数 脱毛完了までの回数
無性毛 1~2回 3~4回 5~6回
性毛 1~3回 4~5回 6~8回

無性毛というのは、手足や頭髪、眉毛など性ホルモンの影響あまり受けない以前から生えている毛で、
性毛とは第二次性徴期の思春期以降から生える、陰毛、ワキ毛、ヒゲなどの毛です。

基本的に無性毛の方が少ない回数で終わらせることが出来て、性毛は若干回数が必要です。

アレキサンドライトレーザーの目安とすれば5回です。
5回も脱毛すれば永久脱毛できるケースが多く、
回数が必要でも6回も脱毛すれば十分でしょう。

また、性毛は5回で永久脱毛するのは難しいですが、
5回脱毛すればほぼ自己処理がいらなくなるくらいまでは綺麗に脱毛出来ます。

他のレーザー脱毛ならまだ回数が必要になるので、
少ない回数で脱毛を終わらせたいならアレキサンドライトレーザーがおすすめです。

美肌効果が高い

美肌効果
<出典:山手皮フ科クリニック

アレキサンドライトレーザー元々、脱毛ではなくニキビやシミ・くすみなどの
治療に使われていた医療レーザーです。
そのため、美肌効果も高く、シミを薄くしたり、ニキビ跡を綺麗にしたり、
毛穴を目立たなくさせたりする
事も出来ます。

アレキサンドライトレーザーは真皮まで光が届き、
真皮はコラーゲンが多く張り巡らされている場所で、
真皮に光を当てる事でコラーゲンの生成や新陳代謝を促し美肌効果を与えてくれるのです。

また、アレキサンドライトレーザーはパルス幅が可変式となっており、
ショートパルスで照射することもあるので、より美肌効果を高めます。
(パルス幅は患者さんによって調整する)

特にメラニン色素への吸収率が高いのでシミには高い効果を得られます。

ただ、そうは言ってもあくまでも脱毛がメインでお肌の治療ではないので、
シミや色素沈着がひど過ぎる場合は、火傷の危険性があり、
照射できないケースもあります。

VIOやヒゲへの効果は高い

アレキサンドライトレーザーはVIOやヒゲなど
色素が濃く毛が密集している部位の効果はとにかく高いです。
他の医療レーザー脱毛よりも少ない回数で毛が抜けやすくなったり減ったり感じるでしょう。

ただ、その分痛みに関してのデメリットもあります。
それは以下でお話しております。

実績が多く安全性が保障されている

レーザー脱毛はアメリカが発祥で、アレキサンドライトレーザーは日本の厚生労働省にあたる、
FDAがその効果と安全性を認めて認可した脱毛機です。

もちろん日本に導入されてからも厚生労働省の承認を得ております。

レーザー脱毛はまだまだ歴史が浅く、未知な部分もありますが、
アレキサンドライトレーザーはその中でも多数の実績に基づき、
効果や安全性を証明させたレーザー脱毛です。

冷却ガスで肌トラブルを回避できる

どのような種類でもレーザー脱毛は医療行為なので、
お肌への負担がかかってしまいます。
その結果肌トラブルを起こす可能性はゼロではありません。

しかし、アレキサンドライトレーザーは
照射後、マイナス21度の強力な冷却ガスをお肌にかける事で、
肌トラブルを最大限防ぐことが可能になっております。

これだけ効果が高いのに肌トラブルが少ないという事は、
この冷却ガスの影響によるものです。

アレキサンドライトレーザーのデメリット

アレキサンドライトレーザーのデメリット

アレキサンドライトレーザーは効果が高いレーザー脱毛機ではありますが、
デメリットもあるので、興味がある人はこちらで是非理解して下さい。

痛みが強い

アレキサンドライトレーザーはメラニン色素への吸収率が高く、
痛みを感じやすいと思います。

特に敏感なVIOラインは痛くて照射できない人もいます。

しかし、そうはいってもマイナス21度の強力な冷却ガスである
ダイナミッククーリングデバイスや
麻酔が使えますから痛みもある程度緩和することも出来ます。

また、アレキサンドライトレーザーは低出力でも高い効果を発揮できるのが特徴なので、
レベルを下げて照射することで痛みを抑えられます。

アレキサンドライトレーザーは波長が短い分、
14~16ジュールで脱毛できるのに対し、
ダイオードレーザーやヤグレーザーは、40~50ジュールも必要です。

他のレーザー脱毛機ならレベルを落とせば効果は落ちますが、
アレキサンドライトレーザーなら問題ないので、
痛ければ積極的にレベルを下げてもらいましょう。
脱毛効果や回数に大きな差は出ません。

産毛や薄い毛には効果が弱い

アレキサンドライトレーザーは毛の黒いメラニン色素に光が反応する仕組みなので、
産毛やメラニン色素の薄い黒くない毛には脱毛効果が弱くなります。

ですので脱毛し始めの普通の毛には効果を感じやすくても、
回数を重ねて毛が薄くなるにつれ、効果がいまいちと感じるかもしれません。
また、白髪のような黒い色素がない毛にも脱毛効果はないです。

ただし、導入数は少ないですが、
アレキサンドライトレーザーでは産毛に効果が高い
ヤグレーザーの波長を持つ機種も出ています。
そうしたレーザー脱毛機を使えば、産毛も綺麗に脱毛出来ます。

日焼け肌や色黒肌などには照射できない

レーザー脱毛は毛の黒いメラニン色素に反応しますが、
お肌へのメラニン色素にも反応してしまうので、
日焼けしたお肌や色黒肌には照射できません。

もちろん、シミやホクロ、タトゥーも同様です。

万が一黒いお肌に照射してしまうとお肌の表面に強い熱が当たり、
火傷していまい、それがシミになるケースもあります。

うち漏れや重ねうちが増えてしまう

アレキサンドライトレーザーのヘッドの照射口は
円形のため照射していくとどうしても隙間が出てしまい、
隙間を埋めるために重ねうちをするしかありません。

重ねうちを続けるとお肌に負担がかかるので、
施術者の技術も必要になります。

アレキサンドライトレーザーで脱毛する場合、
実績が豊富なクリニックを選択しましょう。

アレキサンドライトレーザーならレジーナクリニック

レジーナクリニック

アレキサンドライトレーザーで脱毛したいなら
おすすめはレジーナクリニックです。

実績が豊富で、麻酔やアフターケアのクリームなどのサービス料が全て無料な上、
全身脱毛の料金がとにかく安いです。

脱毛回数が少なくて済む ジェントルマックスプロを導入していて、
全身脱毛の料金は5回で189,000円です。

もちろん月々の支払いが6,300円の分割払いも可能です。

また、産毛に高い効果があり、痛みがほぼない
ダイオードレーザーのソプラノアイス・プラチナムも導入している医院もあります。

アレキサンドライトレーザーならレジーナクリニックでまず間違いないでしょう。

レジーナクリニックの詳しい詳細

アレキサンドライトレーザー脱毛のまとめ

これまでお話したアレキサンドライトレーザーの特徴を踏まえて、
おすすめできる人とおすすめできない人をまとめました。

アレキサンドライトレーザー脱毛がおすすめな人

おすすめ

  • 少ない回数で永久脱毛したい人
  • 剛毛な人
  • 美肌効果も求めたい人
  • 脱毛効果を早く実感したい人

これらのような事を求めるならアレキサンドライトレーザーがおすすめです。
アレキサンドライトレーザーはとにかく脱毛効果の高いのが大きなメリットです。

アレキサンドライトレーザー脱毛がおすすめ出来ない人

おすすめ出来ない

  • 産毛や薄い毛を脱毛したい人
  • 日焼けしたお肌や色黒肌など人
  • 痛みに敏感な人

これらのような人はアレキサンドライトレーザーでおススメ出来ません。
というよりも脱毛できないです。

もしこうした事がわからない人は一度クリニックに行って
無料カウンセリングを受けるのが良いと思います。

自分の肌や毛で脱毛できるのか医師が相談にのってくれます。

もちろん、クリニックに行ったらかといって無理やり契約させられることもありません。

脱毛と言っても医療行為なので、
照射できないお肌や効果がない毛に脱毛することはしないです。